天気予報を見る
 
新聞購読申込

札幌滞在のサッカー日本代表無事/チリ戦の開催可否検討へ

2018/09/06 13:10

 北海道で震度6強を観測した地震が発生した6日、サッカー日本代表は札幌に滞在中で、広報担当者によると選手、スタッフに人的被害はなかった。宿舎は一時停電したが、自家発電により電源は復旧している。

 7日に札幌ドームで予定されている森保一監督就任後の初戦となる国際親善試合のチリ戦は、被害状況や電気事情、交通機関の状態などを見極めて開催の可否を検討する。チリ代表もチーム全員の無事が確認されているという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.