天気予報を見る
 
新聞購読申込

FIFA元副会長が無罪主張/汚職事件で米地裁に出廷

2015/07/19 07:55

 【ニューヨーク共同】国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件で、収賄罪などで起訴されスイスから引き渡されたFIFAのジェフリー・ウェブ元副会長(英領ケイマン諸島)は18日、米ニューヨークのブルックリン連邦地裁に出廷し、無罪を主張した。

 米メディアによると、元副会長は1千万ドル(約12億4千万円)の保釈金を納付して釈放された。地裁から32キロ以内に行動を制限され、居場所を確認する器具の装着も義務付けられた。所持していた英国やケイマン諸島の旅券も没収された。

 米検察の起訴状は、元副会長がスポーツ関連の業者から50万ドルの賄賂を受け取ったと指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.