米大リーグ、平野が暴投で決勝点/大谷のエンゼルスは試合なし

2018/09/07 15:16

 

 暴投で決勝点を与えたダイヤモンドバックスの平野(右)=6日、フェニックス(AP=共同)

 暴投で決勝点を与えたダイヤモンドバックスの平野(右)=6日、フェニックス(AP=共同)

 【フェニックス共同】米大リーグは6日、各地で行われ、ダイヤモンドバックスの平野がフェニックスでのブレーブス戦で6―6の延長十回2死満塁で9番手として登板し、暴投で決勝点を与えた。チームは6―7で敗れ、平野は1/3回を無安打無失点で黒星は付かなかった。

 大谷のエンゼルスは試合がなかった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459