天気予報を見る
 
新聞購読申込

大リーグ、サイン盗み対策を討議/GM会議閉幕

2018/11/09 08:35

 【カールズバッド(米カリフォルニア州)共同】米大リーグの球団幹部や代理人らが集まるゼネラルマネジャー会議は8日、電子機器を利用したサイン盗みへの対策などを話し合って閉幕した。

 ポストシーズン(PS)で問題となったサイン盗みに、大リーグ機構(MLB)のハレム法務担当責任者は「大切なのは相手がテクノロジーを駆使してサインを盗んでいないという安心感を各球団に与えること」と語った。球場内の一部カメラの使用禁止やMLBスタッフを増員したPS同様の措置などを取るかは今後決めるとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.