天気予報を見る
 
新聞購読申込

米大リーグ、二刀流登録を設定/来季からのルール変更発表

2019/03/15 10:27

 バットを手に施設を移動するエンゼルス・大谷=テンピ(共同)
 バットを手に施設を移動するエンゼルス・大谷=テンピ(共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ機構と選手会は14日、来季からのルール変更を発表し、従来の投手や捕手などに加え、新たに投打の「二刀流」での選手登録を設けることになった。登録の条件は、前年かその年に投手で20回以上を投げ、野手では20試合以上に先発出場していることとした。

 投手以外の登板は二刀流登録選手か、6点差以上の展開などに制限する。エンゼルスの大谷は今季も投手登録となる。

 その他の新ルールでは、投手が少なくとも打者3人、またはイニング終了まで投げることを義務化した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.