天気予報を見る
 
新聞購読申込

大リーグ選手会、主力放出に懸念/予算削減目立つ、戦力格差拡大

2018/12/07 09:24

 マリナーズからメッツにトレードで移籍し、記者会見するカノ(左)とディアス=4日、ニューヨーク(AP=共同)
 マリナーズからメッツにトレードで移籍し、記者会見するカノ(左)とディアス=4日、ニューヨーク(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ選手会のトニー・クラーク専務理事はマリナーズが高額年俸の有力選手を放出するなど、予算を削減して再建を進めるチームが目立つ現状に懸念を示した。AP通信が6日までに報じた。

 経営者側とは対策を話し合う意向があるという。このオフはマリナーズがエース左腕パクストンをヤンキースに、長く中軸を担った内野手カノをメッツにトレードするなどした。

 今季は複数の球団が主力を手放した結果、3チームが100敗以上を喫し、95敗以上は史上最多の8チームとなった。戦力格差の拡大でブルージェイズは約88万人、マーリンズは約77万人も観客動員が落ち込んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.