天気予報を見る
 
新聞購読申込

菊池雄星、米球団との交渉解禁/ポスティングで移籍へ

2018/12/05 09:22

 菊池雄星投手
 菊池雄星投手

 【ロサンゼルス共同】プロ野球西武からポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指す菊池雄星投手(27)は4日、全30球団との交渉が解禁された。

 期間は米東部時間の来年1月2日午後5時(日本時間1月3日午前7時)までの30日間。西武で通算73勝(46敗)を挙げた日本を代表する左腕にはヤンキース、パドレスなどが興味を示しているとされ、複数球団の争奪戦になるとみられる。

 菊池は海外フリーエージェント権の資格を満たすのが早くても2020年のシーズン中。日本野球機構にポスティング制度の申請手続きを行い、大リーグ機構が3日に全球団に契約可能選手として通知していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.