天気予報を見る
 
新聞購読申込

エンゼルス、本拠地の移転検討か/リース契約破棄権を行使へ

2018/10/17 09:04

 エンゼルスタジアム全景=アナハイム
 エンゼルスタジアム全景=アナハイム

 【ヒューストン共同】米大リーグで大谷翔平が所属するエンゼルスは16日、本拠地エンゼルスタジアムの来季終了後のリース契約を破棄できる権利を行使することをアナハイム市側に伝えたと発表した。地元紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)によると、2020年以降の移転も含めて検討するという。

 カルピーノ球団社長は「全ての選択肢を検討し、ファンにいいものをどう提供するかが大事」との声明を発表した。

 同球場は1966年にオープンし、レッドソックス、カブス、ドジャースの本拠地に続いてメジャーで4番目に古い。観客動員は今季まで16年連続で300万人以上を記録している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.