天気予報を見る
 
新聞購読申込

大谷翔平、10日の登板へ調整/試合前にキャッチボール

2018/09/05 15:54

 【アーリントン共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が4日、アーリントンでのレンジャーズ戦を前に、投手での復帰戦後に初めてキャッチボールを行った。右肘故障から約3カ月ぶりに登板した2日のアストロズ戦で腰の張りを訴え、打球を右手薬指に当てたが、約20メートルの距離で変化球も交えて投げた。

 ソーシア監督によると、次回登板は9日(日本時間10日)に敵地シカゴで行われるホワイトソックス戦の予定で、従来の調整通りに5日と7日に2度の投球練習を行う。同監督は腰と薬指について「状態は良くなっている」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.