天気予報を見る
 
新聞購読申込

選手会幹部、マーリンズを非難/不必要に放出、FA市場に悪影響

2018/03/10 10:24

 米大リーグ選手会のクラーク専務理事=7日、ポートセントルーシー(ゲッティ=共同)
 米大リーグ選手会のクラーク専務理事=7日、ポートセントルーシー(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ選手会のクラーク専務理事が、有力な選手を不必要に放出してフリーエージェント(FA)市場に悪影響を及ぼしたとして、マーリンズの経営陣を非難した。9日にAP通信が伝えた。

 元ヤンキース主将のジーター氏が最高経営責任者(CEO)に就任したマーリンズは、昨季のナ・リーグ最優秀選手のスタントンをはじめ、オズナ、イエリチら主力選手を次々に放出した。

 大リーグでは低迷した球団がベテラン選手を出して若い有望選手を獲得するチーム再建策が一般的だが、クラーク専務理事は、マーリンズは競争力があったにもかかわらずチームを破壊したと指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.