天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

マリナーズなどが契約金を増額/大谷争奪戦で優位を狙うか

2017/12/07 14:29

 日本ハムの大谷翔平選手
 日本ハムの大谷翔平選手

 【ロサンゼルス共同】ポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指すプロ野球日本ハムの大谷翔平選手(23)と交渉したマリナーズ、エンゼルスが6日、ともにツインズとトレードし、25歳未満のドラフト対象外の外国人選手に使える契約金の枠を100万ドル(約1億1千万円)増やした。争奪戦で優位に立つことを狙ったもよう。

 AP通信によると、マリナーズは255万7500ドル、エンゼルスは231万5千ドルとした。大谷と交渉中の7球団ではレンジャーズが最高の353万5千ドルでジャイアンツ、ドジャース、カブス、パドレスが30万ドルとされる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.