琴勇輝敗れ右膝を負傷 白鵬全勝、独走態勢 大相撲初場所10日目

2019/01/23 09:32

 

宝富士との取組で負傷し、車いすで運ばれる琴勇輝=両国国技館

宝富士との取組で負傷し、車いすで運ばれる琴勇輝=両国国技館

 大相撲初場所10日目(22日・両国国技館)2場所ぶり42度目の優勝を狙う一人横綱の白鵬が平幕隠岐の海を寄り切り、10戦全勝で単独首位を堅持した。ただ一人1敗だった千代の国が敗れたため、白鵬は後続と2差の独走態勢に入った。

 両大関はともに白星。高安は関脇貴景勝をはたき込んで星を五分に戻した。貴景勝は3敗目。豪栄道は琴奨菊を外掛けで下して、4勝目を挙げた。関脇玉鷲が錦木を押し出して勝ち越した。

 勝ちっ放しの白鵬を玉鷲と千代の国が2敗で追う。琴勇輝は宝富士の送り出しに屈し6敗目。十両は志摩ノ海が1敗で単独トップ。元関脇の十両豪風が引退した。

琴勇輝敗れ右膝を負傷
 大相撲初場所10日目の22日、幕内の取組で敗れた力士が2番続けて負傷し、車いすで両国国技館内の相撲診療所に運ばれて11日目以降の出場が不透明となった。

 東前頭15枚目の千代の国(28)=三重県出身、九重部屋=は2敗目を喫した勢戦で左膝付近を負傷。押し倒され、しばらく立ち上がれなかった。優勝争いに絡んでいるが、診療所での診察後、松葉づえをつき「病院へ行きます」と険しい表情だった。

 続く取組では西前頭13枚目の琴勇輝(27)=佐渡ケ嶽部屋=が宝富士の送り出しで土俵下に落ちた一番で右膝付近を痛めた。「知らず知らず(古傷の)左膝をかばってるんでしょうね。対応できなかった」と話し、診療所から車いすで病院へ向かった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459