JR四国2勝目 社会人野球四国予選

2018/09/11 09:41

 

 社会人野球の日本選手権四国予選第2日は10日、丸亀市金倉町のレクザムBP丸亀で1次予選2試合を行った。県勢はJR四国がアークバリアとの県勢対決を7―0で制して2勝目を挙げたが、続く第2試合で四国銀行に2―4で競り負けた。通算成績はJR四国が2勝1敗、アークバリアが2敗。

 第1試合はJR四国の打線が10安打7得点と機能。先発の右腕田内も7回無安打無得点の快投でアークバリアに七回コールド勝ちした。

 第2試合はJR四国が五回表を終えて2点をリードしたが、その裏に右腕谷川(高松商高出)が1死一塁から3連打を浴びて3失点し、逆転を許した。

 ▽1次予選
アークバリア
 0000000―0
 015001×―7
JR四国
(七回コールド)
(ア)園田、山本―馬場(J)田内―小林
▽本塁打 佐藤(J)
▽三塁打 佐藤、小林(以上J)▽二塁打 篠原(J)
JR四国
 010010000―2
 00003001×―4
四国銀行
(J)谷川、藤川、浜口―岡田佑(四)平山史―大河
▽二塁打 岩見、岡田佑(以上J)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459