四国明治は2回戦敗退 天皇杯全日本軟式野球

2018/09/11 09:41

 

 軟式野球の天皇杯全日本大会第2日は9日、山形県の高畠町野球場などで3回戦までを行った。県勢で1回戦を突破していた四国明治は2回戦で品川リフラクトリーズ(岡山)と対戦し、0―1で九回サヨナラ負けを喫した。

 四国明治は打線が相手右腕の緩急に的を絞りきれずに1安打。先発の右腕安達は走者を背負っても粘り強く投げたが、九回1死一、三塁から相手8番に右前適時打を許して力尽きた。(記録は県勢)

 ▽2回戦
四国明治
 000000000 ―0
 000000001x―1
品川リフラクトリーズ(岡山)
(四)安達―原田(品)伊藤、岳元―宮田
▽二塁打 大谷(品)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459