バド・ジャパンOP11日開幕 桃田「日本で優勝を」

2018/09/11 09:41

 

ジャパン・オープンに向けた意気込みを語った(左から)松友美佐紀、桃田賢斗、高橋礼華=10日、東京都内

ジャパン・オープンに向けた意気込みを語った(左から)松友美佐紀、桃田賢斗、高橋礼華=10日、東京都内

 バドミントンのジャパン・オープン(11〜16日)に出場する有力選手が10日、東京都内で記者会見し、男子シングルスで初優勝を目指す世界選手権王者の桃田賢斗(NTT東日本=三豊市出身)は「日本での大きな大会で優勝したい。自分らしくプレーができるように頑張る」と意気込みを語った。

 今大会は2020年東京五輪会場となる調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催される。リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)はそろって「リオの会場の雰囲気に似ている」と好印象を口にした。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459