崎山氏(空手)受賞 OHKスポーツ功労者賞

2018/02/13 09:23

 

 2017年のOHKスポーツ功労者賞の受賞者がこのほど決まり、県関係では、高松中央高空手部監督の崎山幸一氏(44)が選ばれた。表彰式は27日に岡山放送本社で開かれる。

 崎山氏は、高松中央高空手部の監督を長年務め、同校を全国有数の強豪校に育てた。昨夏の全国高校総体(インターハイ)では男子の個人組手と団体の2冠に導いた。

 このほか17年に顕著な成績を残した個人、団体を表彰する特別賞の県関係は4人が選出された。

 特別賞で選出された県関係選手は次の通り。(敬称略)

 ▽重量挙げ 妹尾侑哉(東京国際大=多度津高出)▽陸上 板東琉太(高松工高)石川祐介(観音寺一高)山地里奈(同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459