香川大が先勝−四国六大学野球

2008/05/04 13:12

 

 四国六大学野球の春季リーグ(四国新聞社など後援)第5週第1日は3日、高知県の東部球場などで2カードを行い、香川大は高知大に2―1で先勝した。首位の松山大は徳島大に快勝。4日の2回戦で勝てば優勝が決定する。

 ▽東部(香川大1勝)
香川大
 010000010―2 
 000000100―1
高知大
(香)若林―有森(高)田内―矢野▽本塁打 畦田(1)(香)▽三塁打 森沢(香)▽二塁打 森沢(香)矢野、栢野、坂本(以上高)

 ▽マドンナ(松山大1勝)
松山大
 101201100―6 
 000001000―1
徳島大
(松)高須賀―西山(徳)三幣、山本―杉本▽二塁打 水本(松)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459