天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

愛顔つなぐえひめ国体第5日/カヌー 安藤(坂出高)僅差の準V 少年男子K1 200で県勢入賞ラッシュ

2017/10/05 09:25

【カヌースプリント少年男子カヤックシングル200メートル決勝】僅差で優勝を逃し悔しそうな表情を浮かべる坂出高の安藤=鹿野川湖特設カヌー競技場
【カヌースプリント少年男子カヤックシングル200メートル決勝】僅差で優勝を逃し悔しそうな表情を浮かべる坂出高の安藤=鹿野川湖特設カヌー競技場

カヌースプリント少年男子カヤックフォア200メートルで8位入賞した県選抜の(左から)森黒、香川、松本、池田
カヌースプリント少年男子カヤックフォア200メートルで8位入賞した県選抜の(左から)森黒、香川、松本、池田

 第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第5日は4日、愛媛県各地で13競技を行い、県勢は5競技に出場。カヌースプリントの少年男子カヤックシングル200メートルの安藤久騎(坂出高)と、セーリング少年女子420級の長岡叶子、森七海(高松商高)がそれぞれ準優勝した。カヌーはこの日スプリント200メートルの各種目決勝を実施し、県勢は計8種目で入賞。少年男子カヤックペアの白川翔大・田部元基(高瀬高)と同カナディアンペアの渡辺誉史希・阪口雄基(坂出高)は4位。成年男子カヤックシングルの明石寛幸(坂出市教委)と少年女子カヤックシングルの平尾和奏(坂出高)も4位に入り、安藤と合わせて計5種目で上位入賞を果たした。このほか、フェンシング男子エペで勝ち残っていた県選抜は準々決勝で敗れたが、5〜8位決定戦を勝ち抜いて5位となった。

(大洲市鹿野川湖特設カヌー競技場)
 【成年男子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(200メートル)決勝 (1)宮田悠佑(和歌山・和歌山県教育センター学びの丘)37秒995(2)小松(愛媛・愛媛県競技力向上対策本部)38秒074(3)水本(長崎・チョープロ)38秒618
 ▽スプリント・カナディアンシングル(200メートル)決勝 (1)森田考博(大分・大正大)42秒759(2)湯浅(福井・福井県体協)43秒299(3)当銘(新潟・三条市体協)43秒495

 【成年女子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(200メートル)決勝 (1)小野祐佳(秋田・秋田県体協)45秒553(2)大村(静岡・城北信用金庫)46秒243(3)宮嶋(愛知・大正大)47秒016
 ▽スプリント・カナディアンシングル(200メートル)決勝 (1)久保田愛夏(東京・日体大)54秒182(2)島津(宮崎・テレビ宮崎)54秒578(3)坪田(広島・自衛隊)55秒744

 【少年男子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(200メートル)決勝 (1)松川瑛(秋田・本荘高)42秒813(2)安藤(香川・坂出高)42秒852(3)八橋(福岡・三潴高)43秒262
 ▽スプリント・カヤックペア(200メートル)決勝 (1)宮城(中新田高=今野、佐々木)39秒785(2)大分(高田高)40秒888(3)愛知(選抜)41秒473
 ▽スプリント・カヤックフォア(200メートル)決勝 (1)山形(谷地高=鈴木、佐藤、戸田、設楽)35秒633(2)愛知(選抜)35秒798(3)福岡(三潴高)35秒973
 ▽スプリント・カナディアンシングル(200メートル)決勝 (1)吉田俊吾(岩手・不来方高)49秒861(2)鈴木(千葉・小見川高)50秒662(3)石原(島根・出雲農林高)51秒002
 ▽スプリント・カナディアンペア(200メートル)決勝 (1)山形(谷地高=荒木、伊藤)44秒999(2)富山(水橋高)45秒515(3)大分(選抜)46秒100

 【少年女子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(200メートル)決勝 (1)ぺトラン・ファンニ(福井・福井工大福井高)50秒462(2)中村(山形・谷地高)51秒423(3)菊池(岩手・不来方高)51秒432
 ▽スプリント・カヤックペア(200メートル)決勝 (1)山形(選抜=佐藤、増川)46秒047(2)富山(水橋高)46秒789(3)千葉(小見川高)47秒952

 …県勢の成績…
 【成年男子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(200メートル)決勝 (4)明石寛幸(坂出市教委)39秒306

 【成年女子】
 ▽スプリント・カナディアンシングル(200メートル)決勝 (8)安河内麻子(武庫川女大)1分1秒424

 【少年男子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(200メートル)決勝 (2)安藤久騎(坂出高)42秒852
 ▽スプリント・カヤックペア(200メートル)決勝 (4)香川(高瀬高=白川、田部)41秒585
 ▽スプリント・カナディアンペア(200メートル)決勝 (4)香川(坂出高=渡辺、阪口)46秒318
 ▽スプリント・カヤックフォア(200メートル)決勝 (8)香川(選抜=森黒、香川、松本、池田)38秒690

 【少年女子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(200メートル)決勝 (4)平尾和奏(坂出高)52秒170
 ▽スプリント・カヤックペア(200メートル)決勝 (5)香川(坂出工高=長尾、福田)48秒563

0秒039及ばず2冠逸す
 栄冠はするりと逃げた。カヌー少年男子カヤックシングル200メートル決勝で、500メートルとの2種目制覇が懸かった安藤(坂出高)は、優勝した松川(秋田)に0秒039遅れる準優勝。レース前に掲げた2位に入ったが、これだけの小差。「悔しい」。優勝を逃した思いを端的に表現した。

 6レーンからスタート。好スタートとともにライバル視していた隣の5レーンの八橋(福岡)とデッドヒートを繰り広げた。迎えた中盤。パドルに力を込め、これまで200メートルで勝ったことがないインターハイ2位の実力者の前へ出た。

 ただ、2人だけの優勝争いではなかった。「八橋しか見えていなかった」という安藤の視界の外で、3レーンから松川が鋭く伸びていた。ほぼ同時にゴールしたが、結果を告げるアナウンスは無情にも2位。「(八橋を)中盤で差せたことで少し気持ちが緩んだのかも。ラストも(タイムを)落とさずにいけたが、もう少し上げられた気がする」と唇をかんだ。

 それでも500メートルで県勢3年ぶりの優勝を果たし、200メートルでも昨年誰も果たせなかったトップ3に入った。栗監督(坂出工高教)は「惜しかった。200メートルは苦手意識がある中、よく頑張ってくれた」とエースの奮闘をたたえた。

成年男子K1 4位
こぎに集中した
 明石寛幸
(坂出市教委=成年男子カヤックシングル200メートルで4位入賞)5位か、あわよくば4位の可能性があると予想していた中で4位という結果が出せたことは満足している。周りを意識せずに、自分のこぎをすることに集中した。

少年男子K2 4位
力は出し切った
 白川翔大
(高瀬高=少年男子カヤックペア200メートルで4位入賞)目指した3位にあと一歩届かず悔しい。出だしはよかったが、そこから伸びきれなかった。高校最後のレースなので楽しんで力を出し切ろうと思った。力は出し切った。

前半はよかった
 田部元基
(高瀬高=少年男子カヤックペア200メートルで4位入賞)先輩(白川)を表彰台に乗せられず、申し訳ない。前半はかなりよかったが、後半少し崩れた。来年は500メートルでも、200メートルでも、ことしよりいい順位になれるよう頑張りたい。

少年男子C2 4位
練習の成果出た
 渡辺誉史希
(坂出高=少年男子カナディアンペア200メートルで4位入賞)200メートルで入賞したことがなかったので、自分たちの中では最高のレース。キャッチがそろっていてぐいぐい前に進めた。短い距離での練習を積んできた成果を出せた。

ベストの力出た
 阪口雄基
(坂出高=少年男子カナディアンペア200メートルで4位入賞)自分たちのベストの力を出せた。5位を目標にしていたので4位に入れてよかった。スタートの1パドル目がうまくいった。来年以降シニアでも国体の出場を目指したい。

少年女子K1 4位
内容は悪くない
 平尾和奏
(坂出高=少年女子カヤックシングル200メートルで4位入賞)スタートなどレース内容は悪くはなかったけれど、体重や力が足りず、向かい風に押し戻された。大学でも競技を続けるつもり。上で戦えるこぎと体力を身につけたい。

少年女子K2 5位
500よりいい結果
 福田りん
(坂出工高=少年女子カヤックペア200メートルで5位入賞)きょうはピッチより、1本1本力を込めてこぐことを意識した。(長尾)咲歩さんとのラストレースで、500メートル(6位)よりいい結果を出すことができてよかった。

競り負け悔しい
 長尾咲歩
(坂出工高=少年女子カヤックペア200メートルで5位入賞)5位以内が目標だったけれど、(4位の)愛知に競り負けて悔しい。ゴールした時は4位と思ったけれど…。(ペアを組む1年の福田)りんに4位を取らせてあげたかった。

少年男子K4 8位
県選抜 若い布陣、成長に期待

 カヌー少年男子カヤックフォア200メートルで高校2年生2人、中学3年生2人の若い布陣で挑んだ県選抜が入賞の8位に入った。500メートルでは決勝に進んだものの、9位とあと一歩で入賞を逃した無念を晴らし、香川(坂出工高)は「200メートルは絶対に入りたいと話していた」と笑顔を見せた。

 先頭をこぐエース格の森黒(坂出工高)に合わせ、松本(高瀬中)、池田(白峰中)の2人も奮闘した。9艇で争った決勝は少しずつ順位を落としたが、最後の1艇には譲らずゴールした。

 全員が国体初出場の伸び盛りの選手たちで、今後のさらなる成長が期待される。森黒は「来年はもっと香川に貢献できるよう頑張っていきたい」と言葉に力を込めた。

成年女子C1 8位
周りにのまれた
 安河内麻子
(武庫川女子大=成年女子カナディアンシングル200メートルで8位入賞)500メートルと同じ6位には入りたかったので悔しい。周りにのまれてしまい自分のペースでいけなかった。それでも2種目で入賞できたことはうれしい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.