天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

南東北インターハイ第15日/新体操 植松(坂出)4位 女子個人総合

2017/08/12 09:17

【新体操女子個人】個人総合で4位入賞した植松(坂出)のリボン=山形市総合SC
【新体操女子個人】個人総合で4位入賞した植松(坂出)のリボン=山形市総合SC

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第15日は11日、山形など南東北3県で5競技を行った。県勢は4競技に出場し、新体操の女子個人総合で植松桃加(坂出)が26・100点で4位入賞した。植松は種目別でもフープで13・100点で4位、リボンで13・000点で5位入賞。なぎなたは個人戦があり、試合で高家莉乃(琴平)が勝ち進み、ベスト16入りした。演技は大野怜那・秋山咲絵組(同)が16強に進出したが、8強を懸けた決勝トーナメント2回戦で敗れた。剣道は女子個人で佐藤綾帆(高松商)が3勝を挙げたが、8強を懸けた4回戦で敗退。男子団体の高松商は1勝1分けの組2位で予選リーグ突破はならなかった。

(山形市総合SC)
 ▽男子個人 (1)吉田和真(青森・青森山田)33・800点(ロープ17・325、クラブ16・475)(2)大野(三重・四日市)33・700点(3)田中(埼玉・埼玉栄)33・425点

 ▽男子種目別ロープ (1)田中啓介(埼玉・埼玉栄)17・400点(2)吉田(青森・青森山田)17・325点(3)大野(三重・四日市)17・125点

 ▽男子種目別クラブ (1)向山蒼斗(東京・国士舘)16・900点(2)武藤(群馬・前橋工)16・700点(3)小寺(岡山・井原)16・675点
 ▽女子個人 (1)柴山瑠莉子(千葉・クラーク)31・300点(フープ15・950、リボン15・350)(2)藤井(東京・日女体大二階堂)28・250点(3)五十嵐(茨城・常磐大高)26・650点

 ▽女子種目別フープ (1)柴山瑠莉子(千葉・クラーク)15・950点(2)藤井(東京・日女体大二階堂)15・000点(3)大西(兵庫・日ノ本学園)13・450点

 ▽女子種目別リボン (1)柴山瑠莉子(千葉・クラーク)15・350点(2)五十嵐(茨城・常磐大高)13・900点(3)藤井(東京・日女体大二階堂)13・250点

 …県勢の成績…
 ▽男子個人 (14)野田智也(坂出工)30・700点(ロープ14・800、クラブ15・900)
 ▽同種目別ロープ (18)野田智也(坂出工)14・800点
 ▽同種目別クラブ (13)野田智也(坂出工)15・900点
 ▽女子個人 (4)植松桃加(坂出)26・100点(フープ13・100、リボン13・000)
 ▽同種目別フープ (4)植松桃加(坂出)13・100点
 ▽同種目別リボン (5)植松桃加(坂出)13・000点

念願の舞台で軽快に舞う
 新体操女子個人総合はフープとリボンの2種目で争い、坂出3年の植松が4位入賞を果たした。これまで全日本選手権など数々の大舞台を踏んできたが、1、2年時は県総体で敗れてインターハイの出場は初めて。念願の舞台で躍動し「目標の入賞ができてうれしい」と笑みがこぼれた。

 1種目目のフープは「緊張した」と振り返ったが、13メートル四方のフロアで軽快な演技を見せた。投げ技のキャッチミスもなく、約1分半の演技をしっかりまとめ、13.100点で4位につけた。

 成長を示したのは、続く苦手種目のリボンだ。演技序盤でリボンに結び目ができるミスにも慌てなかった。すぐにほどいて演技を立て直し、13.000点で種目別5位。「昔は1度失敗したらミスが続いたけど気持ちを切り替えられた」。個人総合に加えて、種目別でもそれぞれ入賞の6位内を勝ち取った。

 今後の目標は千葉で10月末に開かれる全日本選手権で最高の演技を見せること。17歳は「順位ではなく、自分の一番いい姿を見てもらえるよう、頑張っていきたい」と瞳を輝かせた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.