天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松にアンテナショップ開設/7日、香川プロ協

2010/02/27 09:57

 香川県内の地域密着型スポーツチーム5団体でつくる「香川プロスポーツクラブ連絡協議会」(会長・鍵山誠四国・九州アイランドリーグCEO)が3月7日、香川県などの支援を受けて高松市常磐街にアンテナショップを開設する。これまで各団体が単独でさばいていた入場チケット、グッズなどを一括して販売。それぞれのイベント、試合情報も発信することでファンの拡大を目指す。

 国の緊急雇用対策事業を受けて香川県が公募。同協議会で5人以上を新たに雇用することを条件に、2012年3月末まで約5800万円が予算化された。ショップは商店街の空き店舗を改修して利用。新規雇用者は輪番で客の応対をするほか、各チームの地域貢献活動、地元試合への誘客促進などの業務を担う。

 同協議会は、野球の香川オリーブガイナーズ、男子バスケットボールの高松ファイブアローズ、サッカーのカマタマーレ讃岐、女子バレーボールの四国Eighty8Queen、アイスホッケーの香川アイスフェローズで2007年2月に結成。互いに情報交換しながら運営面の課題解消などに努めてきたが、シーズンが異なることもあって協力効果は薄かった。

 さらに世界的な不況が追い打ちをかけ、各チームとも運営資金に困窮。経費節減のため、スタッフの人員も削減せざるを得なかっただけに、地域密着度をより深める好機として事業の有効活用策を練っている。

 ショップでは、常にファンクラブ登録やブログへの書き込みができるほか、各チームのボランティアなども受け付ける。鍵山会長は「地域限定のアイテムとして魅力を発信したい。ファン同士の交流で違う競技にも興味を持ってもらえる」と効果を期待している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.