天気予報を見る
 
新聞購読申込

4強決定、香川勢は初戦敗退/四国高校野球第1日

2008/05/03 15:30

【今治西―土佐】5回表、今治西無死一塁、加納が右越えに2点本塁打を放つ=香川県高松市のサーパススタジアム
【今治西―土佐】5回表、今治西無死一塁、加納が右越えに2点本塁打を放つ=香川県高松市のサーパススタジアム

【富岡西−香川西】5回裏、香川西無死三塁、川端の右犠飛で三走・横山が生還し6点目=香川県高松市のサーパススタジアム
【富岡西−香川西】5回裏、香川西無死三塁、川端の右犠飛で三走・横山が生還し6点目=香川県高松市のサーパススタジアム

【明徳義塾―小松島】6回表明徳1死三塁、大崎がスクイズを決め、3点目を奪う=香川県高松市のサーパススタジアム
【明徳義塾―小松島】6回表明徳1死三塁、大崎がスクイズを決め、3点目を奪う=香川県高松市のサーパススタジアム

【志度−済美】6回表志度1死三塁、三谷の左前打で2点目を挙げる=香川県高松市サーパススタジアム
【志度−済美】6回表志度1死三塁、三谷の左前打で2点目を挙げる=香川県高松市サーパススタジアム

 春季四国地区高校野球大会は3日、香川県高松市のサーパススタジアムで開幕した。

 1回戦第1試合の土佐(高知1位)―今治西(愛媛2位)は、今治西が一回二死満塁から水安の左中間三塁打で3点を先制。五回には加納の2点本塁打などで加点し、6―1で土佐を押し切った。

 同第2試合の香川西(香川1位)―富岡西(徳島2位)は、ともに2けた安打の乱打戦となり、富岡西が8―7で辛勝した。

同第3試合の明徳義塾(高知2位)―小松島(徳島1位)は、同点で迎えた6回、明徳が敵失を足場に2点を奪うとエース南野が粘り強い投球を見せ、6―1で逃げ切った。

 同第4試合の志度(香川2位)―済美(愛媛1位)は、済美が四回に長短4安打などで5点を奪い、その後も打力にものをいわせて10―3で志度に七回コールド勝ちした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.