天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

残暑に耐えトライアスロン学生日本一競う

2007/08/27 09:35

勢いよく海に飛び込んでスタートする選手たち=観音寺市、有明浜海水浴場
勢いよく海に飛び込んでスタートする選手たち=観音寺市、有明浜海水浴場

 西日本初開催となる日本学生トライアスロン選手権が26日、香川県観音寺市の有明浜を発着点に開かれた。厳しい残暑の中、選手たちは歯を食いしばりながら、学生日本一を目指して熱戦を繰り広げた。

 コースは有明浜海水浴場、市街地、琴弾公園を舞台に、遠泳(1・5キロ)、自転車(40キロ)、長距離走(10キロ)をこなす計51・5キロの長丁場。41大学の男女214人が出場した。

 午前10時15分にスタートした男子は、ゴール時の気温が35度を超す過酷なコンディション。ゴール後に倒れ込む選手もおり、医療スタッフの手当てを受けていた。この日は熱中症などで五人が病院に搬送されたが、全員症状は軽いという。

 大会の結果、男子は明治大4年の原智哉選手が2連覇。女子は九州女子大1年の今村優選手が初優勝した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.