天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

金氏(日本陸連強化部長)迎えスポーツ講習会

2007/01/08 09:20

正しく腕を振るため、肩甲骨をしっかり動かすことをアドバイスする金氏(右端)=県立丸亀競技場
正しく腕を振るため、肩甲骨をしっかり動かすことをアドバイスする金氏(右端)=県立丸亀競技場

 日本陸連女子長距離・マラソン強化部長の金哲彦氏を迎えたスポーツ講習会(香川県教委など主催)が7日、香川県丸亀市金倉町の県立丸亀競技場で開かれ、19―72歳の市民ランナーら約70人が正しいランニング姿勢や補強運動の方法などを学んだ。

 駅伝やマラソン中継の解説者として、おなじみの金氏は「ケガなく速く走れるランニングフォームを身につける」をテーマに分かりやすく指導。「自分の体をいかに正しく使い切るか」を強調しながら、体の重心の保ち方、腕の振り方などのコツを伝授した。

 背中の肩甲骨や腹筋を使うことの重要性を指摘し、効果的なトレーニングやアップ方法もアドバイス。参加者は一つ一つの運動をこなした後、トラックで実際に試走、走り安さを体感した。2月4日の「香川丸亀ハーフマラソン」に出場する人も多く、最後の質疑応答では「正しい呼吸法は」「給水の取り方は」などと質問が相次いだ。

 同ハーフマラソンに3年連続で挑むという大橋義弘さん(43)=香川県仲多度郡琴平町=は「ジョギング歴3、4年。これまで、あまり気にしていなかった腹筋や肩甲骨を意識して動かすことで、こんなに軽く走れることが分かった」とにっこり。記録更新にも意欲を見せていた。

 金氏は2月3日にも、同競技場ほかであるジョギング教室やランニングセミナーに講師として招かれる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.