天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松商8強へ始動 初戦突破から一夜明け 打撃中心に軽めの練習 第91回選抜高校野球大会

2019/03/25 09:16

ダッシュで体をほぐす高松商ナイン=大体大浪商高
ダッシュで体をほぐす高松商ナイン=大体大浪商高

 春日部共栄(埼玉)に快勝した高松商ナインは、熱戦から一夜明けた24日、大阪府の大体大浪商高で2時間の割り当て練習を行い、フリー打撃を中心とした軽めの調整に汗を流した。

 練習は午前11時にスタート。明るい雰囲気の中、ランニングやダッシュで体をほぐし、2カ所でフリー打撃を実施。8強入りを懸けて2回戦で対戦する市和歌山のエース対策として、佐野ら左投手がマウンドに上がり、近い距離から緩い球を打者に打たせた。

 主将の飛倉は「緩い球を引きつけ、逆方向へ打つ意識を持つこと」と練習の意図を説明。各打者は疲れが残る体を気遣いながら、センター方向へ低い打球を放った。

 県勢24年ぶりの甲子園完封勝利を挙げたエース香川は、「夜は声援が頭の中を流れ、なかなか眠れなかった」と苦笑い。この日は、体に張りがあり、ストレッチや体幹トレーニングで終了した。一方、中塚や松下ら他の投手陣は、ブルペンで捕手を座らせて直球や変化球を確認した。

 長尾監督は「本当に会心の試合だった」と初戦を振り返り、「きょうは疲れを取ることだけ。次の対策はこれからしっかりやりたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.