天気予報を見る
 
新聞購読申込

アジア陸上女子棒高 田中(観音寺一高)初代表

2019/02/14 09:23

 日本陸連は13日、アジア選手権(4月21〜24日・ドーハ)の日本代表67選手を発表した。県勢は女子棒高跳びU20(20歳未満)日本記録保持者、観音寺一高3年の田中伶奈が選ばれた。田中がシニア大会の日本代表に選出されるのは初めて。

 田中は2018年夏のインターハイで優勝し、秋にU20日本記録、日本高校記録の4メートル12をマーク。同年6月には岐阜県で開かれたアジア・ジュニア選手権に出場しており、今回が自身2度目の国際大会となる。

 代表にはこのほか、男子短距離の山県亮太(セイコー)や桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)、同走り高跳びで2日に2メートル35の日本新記録をつくった戸辺直人(つくばツインピークス)らトップ選手が名を連ねた。女子は短距離の福島千里(セイコー)、長距離で現役復帰した新谷仁美(ナイキTOKYOTC)らが選ばれた。

 大会は9月開幕の世界選手権と同会場で実施される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.