天気予報を見る
 
新聞購読申込

女子・堀家(丸亀TC)、男子・大島(屋島TC)初V MUFGJr.テニス県予選

2019/01/14 09:34

【女子決勝】フォアで攻める堀家(丸亀TC)=亀水コート
【女子決勝】フォアで攻める堀家(丸亀TC)=亀水コート

 テニスの16歳以下シングルスで争うMUFGジュニアトーナメント県予選(四国新聞社共催)は12、13の両日、高松市の亀水コートであった。男子はシード1位で高松一中3年の大島望(屋島TC)、女子はシード2位で宇多津中1年の堀家那菜(丸亀TC)がそれぞれ初優勝。海外派遣選手選考会を兼ねた全国大会(4月9〜13日・愛知)出場権を獲得した。

 女子の堀家は、決勝でシード1位の大平一花(ローランギャロ)と対戦。第1セットを先取されたが、以降は得意のフォアを武器に強気に攻めて6―3、6―2で連取し、逆転勝ちした。

 男子の大島は、シード3位の熊野宗太(アップデイト)と決勝で対戦。第1セットは序盤こそリードを許したが逆転で先取し、第2セットは危なげなく6―2で押し切った。

 ▽男子シングルス準々決勝
大島(屋島TC) 8―1 染川(高松北中)
楠(屋島TC) 8―2 谷口(三木高)
熊野(アップデイト) 8―5 前田(三木中)
藤田(トキワTC) 8―6 二條(アップデイト)
 ▽準決勝
大島 6―0 楠
   6―0
熊野 6―2 藤田
   6―1
 ▽3位決定戦
楠 6―3 藤田
  4―6
  6―4
 ▽決勝
大島 6―3 熊野
   6―2

 ▽女子シングルス準々決勝
大平(ローランギャロ) 8―3 淵崎(屋島TC)
市原(フォーレスト) 8―3 宮地(協和中)
戸田(ローランギャロ) 8―3 住友(トキワTC)
堀家(丸亀TC) 8―2 向井(高松北中)
 ▽準決勝
大平 6―1 市原
   6―4
堀家 6―3 戸田
   6―0
 ▽3位決定戦
戸田 不戦勝 市原
 ▽決勝
堀家 4―6 大平
   6―3
   6―2

得意のフォアで巻き返す
 女子シングルスを制した堀家(丸亀TC)は決勝を振り返り、「弱点のバックを突かれて苦しかったけど、勝ててうれしい」と笑みがこぼれた。

 決勝はシード1位で1学年上の大平(ローランギャロ)との顔合わせ。小学生の頃から対戦成績は分が悪く、昨年12月の県中学生冬季大会決勝で勝ったものの、「自信があったわけではなかった」と堀家。わずかな弱気が影響し、第1セットは競り負けた。

 本来のテニスを取り戻したのは第2セットだ。「気持ちを切り替え、積極的にいった」と得意のフォアで攻め、苦手のバックを狙われてもスライスショットなどで対応。6―3で奪い返すと、最終セットは3―2から先にブレーク。そこから一気に試合を決めた。

 全国大会は高校1年生(早生まれ)まで出場してくる。堀家は厳しい戦いを覚悟した上で、「ほとんどが年上の選手。思い切りチャレンジして、たくさん勉強したい」と強調した。

フォア強化する
 男子優勝・大島望(屋島TC)の話 決勝は立ち上がりが悪かったが、徐々にサーブで崩し、バックやボレーで攻める自分のテニスができた。フォアをもっと強化し、全国では今までで一番良かったベスト16を上回る成績を目指したい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.