天気予報を見る
 
新聞購読申込

百十四銀行V2 男子はKCBクが初 県総合バド第1日

2019/01/13 09:15

【女子団体決勝・百十四銀行―高商ク】第1シングルス、百十四銀行の伊沢がレシーブを返す=坂出市立体育館
【女子団体決勝・百十四銀行―高商ク】第1シングルス、百十四銀行の伊沢がレシーブを返す=坂出市立体育館

 バドミントンの県総合選手権第1日は12日、坂出市立体育館で男女の団体戦(2ダブルス3シングルス)を行った。18チームで争った男子はKCBクラブが初優勝を果たし、10チームで争った女子は百十四銀行が2年連続の頂点に立った。

 女子の百十四銀行は決勝で2年ぶりの優勝を狙った高商クラブと対戦。ダブルスで五分となったが、シングルスで伊沢、宮沢が勝って3―1で優勝を決めた。
 男子のKCBクは香川中央高のOBらでつくるチーム。決勝は、3年連続準優勝で4年ぶりの王座を目指すタダノと激突し、3―2で競り勝った。

 大会最終日は13日、同体育館で混合の団体戦と男女の個人戦を行う。

 【男子】
 ▽団体予選リーグA組 (1)一高ク2勝(2)綾南OB1勝1敗(3)国分寺中2敗▽B組 (1)タダノ2勝(2)22yearsold1勝1敗(3)県中学生選抜2敗▽C組 (1)U―20大学生選抜2勝(2)高商ク1勝1敗(3)羽打’s2敗▽D組 (1)KCBク2勝(2)坂出市協会1勝1敗(3)高松商高B2敗▽E組 (1)JR四国2勝(2)高松商高A1勝1敗(3)四国電力2敗▽F組 (1)県警2勝(2)県庁1勝1敗(3)英明高2敗=各組1位が決勝トーナメント進出
 ▽決勝トーナメント1回戦 KCBク3―1JR四国 U―20大学生選抜3―0県警
 ▽準決勝
KCBク 3―2 一高ク
タダノ 3―2 U―20大学生選抜
 ▽決勝
KCBク 3―2 タダノ
○伏見勇・伏見和 2―1 木場・小西
 田中・新延 0―2 那須・伊沢○
 竹島 0―2 木場○
○伏見和 2―1 小西
○田中 2―1 伊沢

 【女子】
 ▽団体予選リーグA組 (1)百十四銀行2勝(2)香川中央高OG1勝1敗(3)高松商高B2敗▽B組 (1)百十四銀行OG2勝(2)香川中央高1勝1敗(3)香川一中2敗▽C組 (1)高商ク2勝1敗(2)高松商高A2勝1敗(3)Freedom2勝1敗(4)県中学生選抜3敗=同勝敗順位は得失ゲーム率による、各組1位とC組2位が決勝トーナメント進出
 ▽決勝トーナメント1回戦
百十四銀行 3―1 高松商高A
高商ク 3―1 百十四銀行OG
 ▽決勝
百十四銀行 3―1 高商ク
○宮沢・牟田 2―0 田中沙・田中ち
 藤本・有安 0―2 竹中・西谷○
○伊沢 2―0 西谷
 牟田 打ち切り 田中沙
○宮沢 2―0田中ち

内容には不満 百十四銀行
 ○…女子の百十四銀行は昨年11月のS/JリーグII(元日本リーグ2部)で15年ぶりに3位となって以来、約2カ月ぶりの公式団体戦。大会2連覇の一方で全体的に快勝とは言えない内容に、監督を務めた小泉コーチは「万全の状態でないとはいえ、もう少し戦えた」と渋い表情だった。

 S/JII以降、主力が引退して新チームに移行し、冬場の肉体トレーニングの最中という。疲労などがあって予選リーグ、決勝トーナメントで現役選手が黒星を記録。しかし、決勝は大学生・社会人チームの高商クを高い技術で押し切った。

 高松商高出身の伊沢はシングルスで後輩に敗れた決勝トーナメント1回戦を反省しつつ、「決勝は決め急がずに自分のペースで運べた」とひと息。新主将の牟田も「全ての面でレベルを上げる必要がある」と戒めながら、主戦場のS/JIIへ「チームが若い分、伸びていくのが楽しみ」と成長を誓っていた。

粘り強く戦った
 男子団体優勝のKCBク・坂本遼監督の話
 選手は18〜20歳だが、ほぼ全員が足をつりながら粘り強く戦った。特に準決勝、決勝が厳しかった。優勝できるとは思っていなかった。うれしい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.