天気予報を見る
 
新聞購読申込

県高校新人サッカー12日開幕 V争いは混戦模様

2019/01/11 09:29

男子組み合わせ
男子組み合わせ

 サッカーの県高校新人大会は12日から延べ5日間、高松市生島町の県営球技場などに男子37校が出場して行われる。昨年の全国高校選手権県大会8強をシード。四学香川西や大手前高松などシード勢が有力だが抜きんでたチームはなく、優勝争いは混戦が予想される。

 シード1位で2年ぶりの優勝を目指す四学香川西は、全国高校選手権にMF宮本ら1年生が6人出場。総合力や経験値は高いが、新チーム移行から日が浅く、実力を十分発揮できるかは未知数だ。

 同2位の大手前高松は技術の高い選手が多く、得点力のあるFW片上を軸とした攻撃力が強み。初の頂点に立った昨大会からの連覇が懸かる。

 同3位の坂出商、4位の高松商はいずれも粘り強さが持ち味で、地力が高い。高松南や高松工など残るシード勢も力を備える。ノーシードでは尽誠や寒川、観音寺一、丸亀などが上位に割って入るか注目される。

 大会は12、13日に同球技場などで2回戦までを行い、16強が決定。19日に3回戦と準々決勝、26日に準決勝があり、最終日の2月2日に同球技場で3位決定戦と決勝を実施する。

 女子は昨大会出場した英明、津田が人数不足により不参加で、3連覇中の四学香川西のみエントリーしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.