天気予報を見る
 
新聞購読申込

渡辺、4試合目出場 田臥の通算試合数に並ぶ NBA

2019/01/09 09:27

 【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBA、グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太(尽誠高出)は7日、敵地のルイジアナ州ニューオーリンズで行われたペリカンズ戦の第4クオーター残り3分6秒から試合終了まで出場し、フィールドゴール1本を決めて2得点だった。

 NBA出場は昨年12月17日のウォリアーズ戦以来4試合目で、2004〜05年シーズンに初の日本選手としてサンズでプレーした田臥勇太(現栃木)の通算出場試合数に並んだ。

 渡辺の契約は下部リーグのハッスルに所属しながらNBAに一定期間登録が可能。チームは95―114で敗れ、今季18勝22敗となった。

スパーズ 119―107 ピストンズ
セルティックス 116―95 ネッツ
ペリカンズ 114―95 グリズリーズ
ロケッツ 125―113 ナゲッツ
バックス 114―102 ジャズ
レーカーズ 107―97 マーベリックス
トレイルブレーザーズ 111―101 ニックス
キングズ 111―95 マジック

残り3分、鮮やか2得点
 約2週間ぶりにNBAの公式戦にベンチ入りした渡辺は、22点を追う敗色濃厚な展開でコートに立った。両チームの主力が続々と退いた中、与えられたチャンスで見せ場をつくった。

 試合時間残り約3分。3点シュートライン付近でパスを受けると、中央のスペースにドリブルして切り込み、鮮やかなジャンプシュートを決めた。外れはしたものの積極的に3点シュートを放った場面もあった。

 今季4戦目の出場を果たし「誰も成し遂げていなかったゼロの状態からNBAのコートに立った。すごく尊敬している」と話していた田臥の通算出場試合数に並んだ。今季6点として通算得点でも先駆者にあと1点に迫った。日本のバスケットボール界を照らす存在が着実に道を切り開いている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.