天気予報を見る
 
新聞購読申込

安藤(養心会)五段の部制す 県勢43年ぶり快挙 全日本居合道都道府県対抗優勝試合

2018/12/24 09:38

五段の部で初優勝した安藤
五段の部で初優勝した安藤

 居合道の第53回全日本大会都道府県対抗優勝試合が10月20日、茨城県武道館であり、五段の部で県勢の安藤和希(養心会)が初の頂点に輝いた。県勢の優勝は、第10回大会で七段の部を制した香西好雄氏(故人)以来43年ぶり2人目。

 大会は五段から七段まで3部門の段別で個人戦を行い、各段に各都道府県代表の47選手が出場してトーナメント方式で争った。

 安藤は初戦の2回戦、続く3回戦を3―0で快勝して8強に進出。準々決勝は地元の茨城代表に、準決勝は山梨代表にいずれも2―1で競り勝って勢いに乗ると、静岡代表と対戦した決勝も正確で力強い演武を披露し、2―1で制した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.