天気予報を見る
 
新聞購読申込

阿部(県立中央病院)予選で敗退 サーブル女子障害B 車いすフェンシングW杯

2018/12/14 09:21

 車いすフェンシングのワールドカップ(W杯)京都大会は13日、京都市のグランドプリンスホテル京都で開幕し、男女のサーブル個人が行われた。国内でのW杯開催は初めてで、約30カ国・地域から200人以上の選手が参加して16日まで行われる。

 車いすを「ピスト」と呼ばれる装置で床に固定し、座った状態で上半身のみを使って戦う競技。日本勢は男子で障害Aの安直樹(東京メトロ)と加納慎太郎(ヤフー)、障害Bの恩田竜二(三交不動産)が決勝トーナメントに進出したが、いずれも初戦で敗れた。県勢で女子障害Bの阿部知里(県立中央病院)は予選で敗退した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.