天気予報を見る
 
新聞購読申込

四国学院大、初戦敗退 順大に0―4 全日本大学サッカー

2018/12/13 09:32

 サッカーの第67回全日本大学選手権は12日、24チームが出場して開幕。初日は関東各地で1回戦8試合があり、2年ぶり2度目の出場となった四国第1代表の四国学院大は、関東第6代表の順大に0―4で敗れ、大会初勝利はならなかった。

 四国学院大は神奈川県のBMWスタジアム平塚で対戦。立ち上がりからDF檀やMF安永らを中心にハードワークし、個の力で上回る順大に対応したが、前半24分に先制されてから30分、37分と立て続けに失点。0―3で迎えた後半は40分に4点目を許した。

 シュートは順大の19本に対してMF杉山の1本のみ。敵陣深くに入る前にボールを奪われ、有効な攻撃を展開できなかった。(記録は県勢)

 ▽1回戦
順大(関東) 4(3―0)0 四国学院大
        (1―0)

隙突かれ失点
 四国学院大・本吉剛監督の話
 順大の個の力が一枚も二枚も上。立ち上がりは悪くなかった。前半0―1で持ちこたえられれば良かったが、攻め上がった後の守りがそろっていない部分を突かれた。来年こそ勝てるように頑張りたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.