天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケ日本代表 競技歴4年で選出 アヴィ幸樹「五輪出たい」

2018/11/29 10:32

 バスケットボールの競技歴が約4年という短さで男子日本代表に上り詰め、本場米国で2年後の東京五輪を目指すホープがいる。ジョージア工科大2年のシェーファー・アヴィ幸樹(20)は身長205センチのセンターで「(プロリーグの)NBAも身近にある今のレベルの高い環境で自分を磨いている。東京五輪で開催国枠を取れたら絶対に出たい」と熱く語る。

 米国人の父と日本人の母の間に大阪で生まれ、兵庫県で育った。16歳で東京に移り住んだのを機にサッカーから転向。当時既に200センチを超えていた身体能力を買われて18歳以下の日本代表に選ばれ、今年はフル代表でもデビューを果たした。

 ジョージア工科大が所属するアトランティック・コースト・カンファレンスは、AP通信の最新ランキングで3位のデューク大や4位のバージニア大も所属する全米屈指の強豪地区だ。チームでは控えで16日のイースト・カロライナ大戦では終了間際に今季初出場を果たしたが、無得点に終わった。学業も全米上位の大学で、物理専攻に進んだシェーファーは文武両道を目指している。

 NBAグリズリーズでデビューした渡辺雄太や同い年で親友の八村塁(ゴンザガ大)の活躍にも刺激を受ける。「体を張って素早く動けるビッグマンになるのが目標。塁のレベルに追いついて、日本代表でも塁とアヴィと言われるようになりたい」と飛躍を期した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.