天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケ日本代表 Bリーグ勢の奮起期待 富山でW杯2次予選 渡辺ら欠場か

2018/11/29 10:29

 バスケットボール男子ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で日本は30日にカタール、12月3日にカザフスタンと、富山市総合体育館で戦う。この2戦で米ゴンザガ大の主力八村塁は不在。米プロNBAのグリズリーズでデビューした渡辺雄太(尽誠高出)もメンバー入りはしているが、所属先との兼ね合いで欠場が濃厚だ。富山出身の馬場雄大(A東京)は「雄太さんと塁がいないと駄目と言われたくない」と熱く語り、必勝を期して臨む。

 日本は1次予選で4連敗した後に八村が参戦し、強豪オーストラリアを撃破。2次予選は渡辺も加わり、格上イランを破った。イラン戦の70点中計43得点の二大エースを欠く中で、Bリーグ勢らは意地の見せどころだ。

 世界ランキングでは2チームとも格下だが、油断は禁物。点取り屋ファジーカス・ニック(川崎)やオーストラリア・リーグに挑戦中の比江島慎(ブリスベン)らの奮起は不可欠だ。ガードの富樫勇樹(千葉)は「攻撃も守備もいつも以上にやらないと」と警戒する。

 予選は残り4戦。日本はF組4位とW杯出場圏外で崖っぷちの状況が続く。米国で渡辺と八村が活躍して明るい話題を発信し、日本バスケット界への期待は高まっている。富樫は「2連勝したい」と燃えている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.