天気予報を見る
 
新聞購読申込

四学香川西は福井工大福井 全日本高校女子サッカー 1月3日初戦

2018/11/24 09:12

 第27回全日本高校女子サッカー選手権(来年1月3日から延べ5日間)の組み合わせ抽選会が23日、東京都内であった。四国2位代表で3年連続3度目出場の四学香川西は、1回戦で北信越2位代表の福井工大福井と対戦することが決まった。

 四学香川西の初戦は3日午後1時45分から、兵庫県洲本市の五色台運動公園で行われる。四学香川西は初出場の第25回大会で1回戦を制して16強入り。準々決勝には進めなかった。前回大会は初戦で涙をのんだ。

 福井工大福井は15年連続15度目の出場。前回大会は4強に入り、今夏の全国高校総体ではベスト8に進出した。
 2連覇を狙う藤枝順心(静岡)は総体覇者の常盤木学園(宮城)との対戦が決まり、1回戦屈指の好カードとなった。前回準優勝の作陽(岡山)は前橋育英(群馬)と当たる。

 大会は32チームが出場して兵庫県内で開かれ、初日に1回戦、翌1月4日に2回戦を行って8強が決定。同6日に準々決勝、同7日に準決勝があり、決勝は同13日に神戸ユニバー記念競技場で行われる。

8強を目標に
 四学香川西・菊地亜紗子監督の話
 北信越勢と縁がある。練習試合でも対戦した強豪。抱える選手数が多く、個の力も高い。それでも目標は8強入り。初戦をしっかり戦い、弾みをつけたい。

意識高く練習
 四学香川西・猿沢桃佳主将の話
 強い相手だからこそ、突破できればチームがさらに一丸となれる。意識の高い練習はできている。ハードワークと粘り強い守備からの縦に速い攻撃を見せたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.