天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松商、大差も打線粘り 報徳学園に両校敗れる 志度、投打に食い下がる 高校野球招待試合第1日

2018/11/18 09:39

【高松商―報徳学園】6回表高松商2死二、三塁、谷口が右翼線に2点二塁打を放つ=レクザムスタジアム
【高松商―報徳学園】6回表高松商2死二、三塁、谷口が右翼線に2点二塁打を放つ=レクザムスタジアム

 高校野球の強豪校、報徳学園(兵庫)と県勢が対戦する招待試合第1日は17日、高松市生島町のレクザムスタジアムであり、秋の四国大会を制した高松商は3―10、県大会準優勝の志度は5−8でいずれも敗れた。

 高松商は、左腕香川が疲労もあって球に切れを欠き、4回を投げて9失点。その後は美濃、中塚の両右腕が1失点でしのいだ。打線は大差を付けられながらも粘って10安打。六回は2死二、三塁から谷口の右翼線二塁打で2点、七回は無死三塁から飛倉の内野ゴロで1点をそれぞれ返した。

 志度は投打にしぶとく食い下がった。打線は2点を追う一回、安倍、石本、国本の3連打などで同点。五、七回はいずれも追い付かれた直後に中軸が適時打を放った。右横手の開も粘投。緩急で丁寧に打たせて取ったが、終盤は甘い球を捉えられ引き離された。

 最終日は18日、丸亀市金倉町のレクザムBP丸亀で午前10時から秋の県大会3位の英明、午後1時から同4位の寒川がそれぞれ報徳学園と対戦する。

 ▽第1試合
高松商 000002100―3
報徳学園23220100×―10
(高)香川、美濃、中塚―新居(報)林―西井
▽三塁打 新居(高)浦上(報)▽二塁打 谷口(高)西井2(報)

 ▽第2試合
報徳学園200010131―8
志  度200110100―5
(報)大嶽、飯田、桜井―黒田、横山(志)開―馬場
▽本塁打 浦上(1)(報)
▽三塁打 石本(志)

冬場の強化必要
 高松商・長尾健司監督の話
 香川は球が走っていなかった。守りのリズムも悪かった。冬場は全ての面で強化しないと。打線は強く大きい当たりを打つ力が必要。犠打や守備の一歩め、コントロールなど細かい精度も上げていきたい。

粘り強さ見せた
 志度・新鞍幸一監督の話
 四国大会でつらい思いをしただけに、開は期するものがあったのだろう。点は取られたが、集中して最後までよく投げてくれた。打線も中軸が一本欲しいところで活躍してくれた。粘り強さを見せてくれたと思う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.