天気予報を見る
 
新聞購読申込

稀勢、初日から4連敗 琴勇輝3連勝 大相撲九州場所4日目

2018/11/15 09:39

 大相撲九州場所4日目(14日・福岡国際センター)不振の一人横綱稀勢の里は平幕栃煌山に行司軍配差し違えの末、すくい投げで逆転負けし、初日からの4連敗を喫した。3日連続の金星配給。

 不戦敗を除いて横綱の初日からの4連敗は、11日制だった1931年春場所の宮城山以来87年ぶり。1場所15日制が定着した49年夏場所以降では初の事態となった。栃煌山は4連勝で5個目の金星を獲得した。

 3大関は安泰。高安は錦木をはたき込んで4連勝。豪栄道は玉鷲をはたき込んで星を五分に戻し、栃ノ心は小結魁聖を寄り切って3勝目を挙げた。成績次第で大関昇進の可能性がある関脇御嶽海は2敗目を喫した。勝ちっ放しは高安、小結貴景勝、栃煌山の3人。

 十両の琴勇輝は矢後を押し出し、3連勝で3勝1敗とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.