天気予報を見る
 
新聞購読申込

四学香川西高は惜敗 初戦、武庫川女大に4―5 サッカー皇后杯第2日

2018/11/05 09:18

 サッカーの第40回皇后杯全日本女子選手権第2日は4日、各地で1回戦8試合があった。四国代表で2年連続2度目出場の四学香川西高は、兵庫県の三木総合防災公園陸上競技場で関西第2代表の武庫川女大(兵庫)と対戦。延長戦の末に4―5で惜敗し、2大会連続の初戦突破を逃した。

 四学香川西高は前半39分にコート中央から、FW松本のFKをMF石川が頭でそらして先制。1―1で迎えた後半は先に2点を許した後、中央突破からMF猿沢、中村の連続ゴールで同点。さらに1失点したが、松本がゴール前の混戦で押し込んで再び追い付いた。

 延長戦は自陣右からのクロスを頭で合わせられ失点。粘り強く走り、攻撃を仕掛け続けたが逆転には届かなかった。

武庫川女大(関西) 5(1―1)4 四国学院大香川西高(四国)
           (3―3)
            延 長
           (1―0)
           (0―0)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.