天気予報を見る
 
新聞購読申込

県高校新人ソフトテニス、4日団体 男子、尽誠の18連覇濃厚 女子、尽誠と高瀬が中心

2018/11/03 09:36

【男子団体】
【男子団体】

 ソフトテニスの県高校新人大会最終日は4日、高松市の県営生島コートで男女の団体を行う。大会は全国高校選抜大会の県予選を兼ねており、男女ともに上位2校が四国予選(来年1月12、13日・徳島)に進出。四国予選の男女3位までが全国大会(同3月28〜30日・愛知)出場権を得る。

 大会は男子22、女子18校が出場。8月の県夏季大会(個人戦)の成績を基に男女とも8校をシードした。

 男子はシード1位尽誠の18連覇が濃厚。10月28日の個人では攻撃的なテニスが持ち味の米川・石川が頂点に立つなど8強を占めた。2枚目の四国切符を懸けた争いは混戦。2位高瀬はダブル前衛の変則ペアを複数擁し、自分たちのペースに持ち込めるかが鍵。エース河村がチームをけん引する3位坂出、前衛の動きがいい4位高松中央のほか、攻守にまとまる5位観音寺一、6位高松西も侮れない存在。

 女子は15連覇を狙うシード1位尽誠と2位高瀬が優勝争いの中心となりそう。尽誠は正確にコースに打ち分ける三島、決定力のある福島がキープレーヤー。高瀬は個人準優勝の尾野・秋森とエースペアの河本・西岡が引っ張る。2校に対し、3位高松商、4位三本松はどこまで食い下がれるか。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.