天気予報を見る
 
新聞購読申込

チームアルファ初優勝 アマゴルフ クローバーカップ決勝ラウンド

2018/10/25 09:41

初優勝したチームアルファ(左から榊原、岡、国方、溝渕)=サンライズヒルズCC
初優勝したチームアルファ(左から榊原、岡、国方、溝渕)=サンライズヒルズCC

和やかな雰囲気に包まれた表彰式=サンライズヒルズCC
和やかな雰囲気に包まれた表彰式=サンライズヒルズCC

 アマチュアゴルフのクローバーカップ(四国新聞社主催、県ゴルフ協会後援)は24日、まんのう町のサンライズヒルズCC(5966ヤード、パー72)に予選を通過した30チームが出場して18ホールの決勝ラウンドを行った。各チーム上位3人のネットスコア(ダブルペリア方式)の合計で争う団体はチームアルファ(岡、溝渕、榊原、国方)がトータル210・4で初優勝した。2位は211・2の「やきとり空と海 ねぎま」(末沢、大野、三谷、吉田)、3位は213・8の「OH!! DECO」(村田、藤野、西丸、二宮)。個人のベストグロスは66で回った近藤満広(ナイスボギー)が輝き、ベストネットは、大西俊太(なごみ屋A)が67・4で栄冠をつかんだ。

2年前準V 悔しさ晴らす
 団体優勝を勝ち取ったのは、ゴルフを通じて約10年来の付き合いという4人で編成した「チームアルファ」。初めての栄冠に、チームリーダーで64歳の岡は「うれしい。ハンディにも恵まれたかな」と笑顔がはじけた。

 4人のうち国方、岡、榊原の3人はアルファ津田カントリークラブのメンバーで、チーム名「ブルー・ホエール」で挑んだ2年前は準優勝。それだけに「優勝したい気持ちは強かった」(国方)という。今大会は助っ人として志度カントリークラブのメンバーの溝渕を迎えて臨み、2年前の悔しさを晴らして見せた。

 チームのモットーは「和気あいあい」。岡は「全員で気持ちのいいゴルフができたことが良かったと思う」と振り返る。決勝ラウンド前、「呼んでもらった分、プレッシャーを感じていた」という64歳の溝渕も、終わってみれば岡と並んでネットでチームトップの70.0をマーク。「このメンバーはいつも楽しくゴルフを回らせてくれる」と明るいチームカラーを勝因に挙げた。

 グロスでチームトップの74を記録した50歳の榊原が「たまたまです」と謙遜していると、「いつも安定してるやん」と3人。「気心知れている仲」(溝渕)は会話からも伝わってくる。いつもは打ち上げをしようとしても4人のタイミングが合わなかったそうだが、最年長の65歳、国方は「今回はちゃんとやりたいね」と笑みを浮かべた。

ベストグロスに近藤(ナイスボギー)圧巻の6アンダー
 個人のベストグロスは6アンダーの66で回った近藤(ナイスボギー)が輝いた。これまでの自己ベストを3打も更新する圧巻のプレーに「普段は80を切るくらい。こんなスコアが出るなんて」と笑顔が絶えなかった。

 スタートでボギーとしたが、4番で思った通りのアプローチでパーセーブでき「波に乗れた」と振り返る。言葉通り5番から4連続バーディーをマークした。

 後半も着実にスコアを伸ばし、終わってみれば1ダブルボギー、1ボギーこそあったものの、9バーディーを奪取。普段苦手というパターも「読んだラインにうまく乗せられた」と最後までさえわたった。

 約30年の競技歴でも会心の内容に、丸亀市在住の55歳は「きょうのスコアカードは永久保存したい」とにっこり。秋晴れの下でのラウンドは、生涯忘れられないものとなった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.