天気予報を見る
 
新聞購読申込

田中(観音寺一高)U20日本新 女子棒高15年ぶり

2018/10/20 09:14

 20歳未満で争うU20日本陸上選手権が19日、愛知県のパロマ瑞穂スタジアムであり、県勢は女子棒高跳びで観音寺一高3年の田中伶奈(18)が4メートル11のU20日本新、大会新で初優勝した。

 田中は今夏のインターハイ優勝者で、今回は2003年に南野弥生(北海道・札幌手稲高)がマークした従来のU20日本記録、日本高校記録の4メートル10を15年ぶりに更新。従来の大会記録も11センチ塗り替えた。

 13人が出場したこの日、田中は最初の3メートル70を一発クリアし、続く3メートル80も唯一決めて優勝が確定。以降は新記録に挑み、2回目の試技で成功させた。これまでの自己ベストは4メートル00だった。

ずっと狙っていた
 観音寺一高・田中伶奈の話
 今季ずっと狙っていた記録。跳べて本当にうれしい。(新記録の試技は)今まで練習してきたことをしっかり出すことだけを考えていた。日々の練習が結果につながった。今後は安定して4メートルをクリアできるようになりたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.