天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪レベルの選手に 県教委 育成指定7人追加

2018/10/19 09:19

工代教育長から指定証を受け取る新体操女子の喜田選手(坂出中)=県教委
工代教育長から指定証を受け取る新体操女子の喜田選手(坂出中)=県教委

 五輪などの国際大会で活躍できる選手を育てる県教委の「スーパーアスリート育成事業」の2018年度の指定選手に7人が追加で選ばれ、18日に高松市天神前の県教委で指定証の交付式が行われた。

 同事業は13年度からスタートし、本年度で6年目。五輪採用競技に取り組み、全国大会で優秀な成績を残すなどした中高生を指定して競技力の向上を図るもので、県外の大会や練習会、講習会への派遣、課題解決に向けた専門的コーチの招へいなどを行う。

 今回は夏の全国高校総体(インターハイ)や全国中学校体育大会の上位入賞者、年代別日本代表ら7人を追加指定。交付式には5人が出席し、工代祐司教育長が一人一人に指定証を手渡した。

 これで18年度の指定選手は計29人となった。追加指定選手は次の通り。

 ▽セーリング 石田穂乃香(高松商高)▽フェンシング 黒田ほのか(三本松高)蓮井陽菜(高松北高)▽重量挙げ 田中美奈(香川中央高)▽空手 山岡政稀(高松中央高)▽陸上 鹿田真翔(飯山中)▽新体操 喜田未来乃(坂出中)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.