天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松商(4年連続36度目)志度(4年ぶり8度目)四国大会へ 秋の高校野球県大会第9日

2018/10/14 09:25

【英明―高松商】8回裏高松商無死一、三塁、浅野が右前適時打を放つ。投手・黒河
【英明―高松商】8回裏高松商無死一、三塁、浅野が右前適時打を放つ。投手・黒河

 四国大会へまず高松商、志度―。秋季四国地区高校野球県大会第9日は13日、高松市生島町のレクザムスタジアムで準決勝があり、高松商が英明に7―2、志度が寒川に7―6でそれぞれ勝ち、四国大会(27日から延べ4日間・同スタジアムほか)出場権をつかんだ。高松商は4年連続36度目、志度は4年ぶり8度目の四国切符獲得。

 第1試合の英明―高松商は、高松商が序盤に3点を奪い、八回には3長短打で4点。投げては左腕香川、右腕中塚ともにピンチで粘り、英明の反撃を2点に抑えた。

 第2試合の寒川―志度は、志度が四回に5長短打で5得点。主導権を握り、右腕開は九回に制球を乱して1点差まで詰め寄られたが、辛うじて逃げ切った。

 大会最終日は14日、同スタジアムで午前10時から最後の四国切符を懸けた英明―寒川の3位決定戦、午後0時半から高松商―志度の決勝がある。

13日の戦績
 ▽準決勝
高松商7―2英 明
志 度7―6寒 川

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.