天気予報を見る
 
新聞購読申込

福井しあわせ元気国体 第4日/カヌー 森黒(坂出工高)田部(高瀬高)5位 少年男子K2・500

2018/10/03 09:29

【カヌースプリント少年男子カヤックペア500メートル決勝】5位入賞した右から森黒(坂出工高)、田部(高瀬高)のラストスパート=あわら市北潟湖特設カヌーコース
【カヌースプリント少年男子カヤックペア500メートル決勝】5位入賞した右から森黒(坂出工高)、田部(高瀬高)のラストスパート=あわら市北潟湖特設カヌーコース

カヌースプリント少年女子カヤックフォア500メートルで8位入賞した右から福田、植田、三島(以上坂出工高)、大森(高瀬高)
カヌースプリント少年女子カヤックフォア500メートルで8位入賞した右から福田、植田、三島(以上坂出工高)、大森(高瀬高)

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」第4日は2日、福井県などで17競技を行い、県勢は9競技に出場。カヌーは500メートルの準決勝や決勝があり、県勢は森黒大(坂出工高)と田部元基(高瀬高)が組んだ県選抜が少年男子カヤックペアで5位、成年男子カヤックシングルで井上暉央(県協会)が6位に入るなど4種目で入賞した。

 レスリングはグレコーロマンスタイルの各種目準々決勝までを実施し、少年男子で60キロ級の竹下航生(高松北高)と71キロ級の日下尚(同)が4強入りを決めた。成年男子67キロ級の藤島雄太(拓大=香川中央高出)は準々決勝で敗れ、5位となった。

 剣道は県警勢で固めた成年男子の県選抜が8年ぶりの入賞となる5位、体操の成年女子団体総合の県選抜は9位だった。セーリングは少年男子で高松商高勢が2種目で入賞。レーザーラジアル級の冨永祐大が5位、420級の長谷川真大・藤村龍也が7位に入った。女子420級では多田晴香・林千華(高松商高)が第3レース終了時点で1位につけた。

カヌー
(あわら市北潟湖特設カヌーコース)
 【成年男子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(500メートル)決勝 (1)宮田悠佑(和歌山・和歌山県教育センター学びの丘)1分45秒320(2)水本(長崎・チョープロ)1分45秒744(3)近村(岩手・盛岡市役所)1分47秒268

 ▽スプリント・カナディアンシングル(500メートル)決勝 (1)永沼崚(宮城・ユアテック)1分58秒834(2)橋本(京都・サコス)2分0秒210(3)大城(三重・三重県体協)2分0秒562

 【成年女子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(500メートル)決勝 (1)大村朱澄(静岡・城北信用金庫)2分2秒593(2)小野(秋田・秋田県体協)2分5秒109(3)山下(福井・ウエマツ)2分7秒701

 ▽スプリント・カナディアンシングル(500メートル)決勝 (1)久保田愛夏(東京・日体大)2分25秒047(2)桐明(福井・福井県スポーツ協会)2分29秒277(3)佐藤(山形・山形県体協)2分30秒195

 【少年男子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(500メートル)決勝 (1)福井琢斗(愛知・東郷高)1分50秒998(2)冨塚(和歌山・田辺工高)1分52秒812(3)青木(福島・安達高)1分52秒830

 ▽スプリント・カナディアンシングル(500メートル)決勝 (1)吉田俊吾(岩手・不来方高)2分4秒147(2)米光(大分・高田高)2分4秒437(3)斎藤(山形・谷地高)2分6秒481

 ▽スプリント・カヤックペア(500メートル)決勝
 (1)山形(谷地高=設楽、小野)1分39秒335(2)愛知(選抜)1分41秒523(3)滋賀(堅田高)1分43秒553

 ▽スプリント・カナディアンペア(500メートル)決勝 (1)山形(谷地高=荒木、伊藤)1分55秒807(2)大分(高田高)1分56秒183(3)長崎(長崎鶴洋高)1分58秒139

 【少年女子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(500メートル)決勝 (1)都築千空姫(山梨・富士学苑高)2分10秒248(2)尾上(鹿児島・曽於高)2分10秒428(3)後町(愛知・豊田南高)2分13秒620

 ▽スプリント・カヤックペア(500メートル)決勝
 (1)滋賀(比叡山高=今西、遠藤)2分3秒311(2)長崎(選抜)2分5秒309(3)愛知(選抜)2分6秒187

 ▽スプリント・カヤックフォア(500メートル)決勝 (1)山形(選抜=増川、佐藤、吉田、平泉)1分48秒094(2)千葉(小見川高)1分50秒290(3)宮崎(宮崎商高)1分50秒500

 …県勢の成績…
 【成年男子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(500メートル)準決勝
 「2組」(1)井上暉央(香川県協会)1分52秒212=決勝進出

 ▽同決勝 (6)井上暉央(香川県協会)1分49秒070

 【成年女子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(500メートル)準決勝
 「1組」(4)森山和佳奈(武庫川女大)2分9秒507=落選

 ▽スプリント・カナディアンシングル(500メートル)準決勝 (2)山本乃愛(飯山高)2分47秒020=決勝進出

 ▽同決勝 (8)山本乃愛(飯山高)2分49秒935

 【少年男子】
 ▽スプリント・カヤックシングル(500メートル)準決勝
 「1組」(4)松本仁心(坂出工高)1分58秒756=落選

 ▽スプリント・カナディアンシングル(500メートル)準決勝
 「2組」(7)池口黎於(坂出工高)2分18秒784=落選

 ▽スプリント・カヤックペア(500メートル)決勝
 (5)香川(選抜=森黒、田部)1分45秒695

 【少年女子】
 ▽スプリント・カヤックフォア(500メートル)準決勝 (3)香川(選抜=大森、福田、植田、三島)1分59秒190=決勝進出
 ▽同決勝 (8)香川(選抜=大森、福田、植田、三島)1分56秒420

狂ったリズム立て直せず
 カヌースプリントの少年男子カヤックペア500メートルで、森黒(坂出工高)と田部(高瀬高)の3年生ペアは、目標の上位入賞に届かず5位。栗監督(坂出工高教)は「他県も力を入れる厳しい種目だが、彼らの実力からすると残念」と話した。

 序盤は理想的だった。スタートが決まり、前半200メートル付近までは2位につけた。しかし、中盤以降、「水をつかむタイミングがずれた」と森黒。田部も「こぎにくくなる感覚があった」。狂ったリズムを立て直せず、ずるずると後退した。

 2人は中学時代から競い合ってきた好敵手で、国体に向けて「僕たちが組んで香川に勢いをつけたい」と意気投合。ペアでの出場を決めた。

 今年3月、森黒と田部は府中湖で開かれた海外派遣選手選考会のカヤックペア200メートルに出場し、頂点に立った。3日はその200メートルに挑む。2人は「この順位のままでは終われない」と500メートルのレースを振り返り、「(今日のレースで)いいスタートが切れたことは良かった。明日は表彰台を狙う」。会心のレースを力強く誓った。


井上(県協会)6位 成年男子K1・500
ペースが乱れた
 井上暉央
(県協会=成年男子カヤックシングルで6位入賞)最大限の力を出したがメダルに届かず悔しい。自分より前を進む他県の選手を見て早めにスパートしたがペースが乱れた。映像を見て200メートルは修正して挑みたい。

山本飯山高8位 成年女子C1・500
もっと上目指す
 山本乃愛
(飯山高=成年女子カナディアンシングルで8位入賞)国体は初出場だったが入賞できてほっとしている。1時間かかる自転車通学や走り込みで体力には自信がある。200メートルでも成年勢に負けず、もっと上を目指したい。

県選抜8位 「悔しい」 少年女子K4・500
 ◯…少年女子カヤックフォア500メートルは、福田、植田、三島(以上坂出工高)と大森(高瀬高)の艇が8位入賞。より上位を狙ったがスタートダッシュに失敗し、焦りから4人の息が合わず中盤までスピードに乗れなかったのが響いた。

 入賞に導いたのは、ゴールまで約200メートルに近づいた際に植田が放った掛け声だった。「ラスト!」。この大声を耳にした3人は、乱れずに一定の速さを保つ自分たちの持ち味を思い出し、一丸になってゴールに滑り込んだ。

 3日には同じメンバーで挑む200メートルのレースが待っている。「この順位では悔しい。あしたは最初から最後まで全力でこぎたい」。4人は力を込めて口をそろえた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.