天気予報を見る
 
新聞購読申込

福井しあわせ元気国体 第2日/相撲 県選抜、決勝T逃す 少年

2018/10/01 09:39

【相撲少年団体予選1回戦・香川―埼玉】土俵際で相手の寄りを耐える白川陽=大野市エキサイト広場総合体育施設体育館
【相撲少年団体予選1回戦・香川―埼玉】土俵際で相手の寄りを耐える白川陽=大野市エキサイト広場総合体育施設体育館

(大野市エキサイト広場総合体育施設体育館)
 ▽少年団体予選1回戦
埼玉 5―0 香川
○春山 おしだし 滝上
○斎藤 はたきこみ 白川貴
○二本柳 ひきおとし 藤沢
○新井 よりきり 岡田
○神山 よりきり 白川陽
 ▽同予選2回戦
愛知 3―2 香川
○清水甚 つきだし 滝上
 境川 つきだし 白川貴○
○清水竜 おしだし 藤沢
○山口 つきだし 岡田
 鳥居 よりたおし 白川陽○
 ▽同予選3回戦
香川 5―0 奈良
○滝上 はたきこみ 山本
○白川貴 つきだし 谷口卓
○藤沢 よりきり 森田
○岡田 おしだし 中野
○白川陽 よりきり 玉山

一矢報いる
 5人制で争った相撲少年団体予選で県選抜は3戦で1勝2敗。目標の決勝トーナメント進出はならず、田中監督(高松南高教)は「全員頑張ってくれたが…」と結果をかみしめた。

 1試合目はインターハイ優勝校で編成された埼玉に力の差を見せつけられた。中心となる次ほうの白川貴、大将の白川陽の兄弟(いずれも高松南高)も敗れ、0―5の完敗。王者の壁は厚く、指揮官も「相手が1枚も2枚も上」と振り返った。

 意地を見せたのは2敗で迎えた最終奈良戦。「自分の相撲を取ることだけを考えた」という先ぽう滝上(高松南高)が先勝すると、続く白川貴も「負ける相手じゃない。ちゃんと相撲を取れた」と突き出して連勝。5人全員が白星を挙げて一矢報いた。

 出場5人のうち、白川陽や滝上ら3人は2年生。雪辱の機会は残されている。白川陽は「来年は予選を勝ち上がりたい」と力を込めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.