天気予報を見る
 
新聞購読申込

NBA入り「そこまで」 渡辺(尽誠高出)帰省、知事を表敬

2018/07/18 09:19

サイン入りのNBAポロシャツを浜田知事と一緒に持つ渡辺(左)=県庁
サイン入りのNBAポロシャツを浜田知事と一緒に持つ渡辺(左)=県庁

 米プロバスケットボールNBA入りに向け、若手の登竜門であるサマーリーグ挑戦を終えた渡辺雄太(尽誠高出)が15日に帰国。約2年ぶりに出身地の三木町でつかの間のオフを過ごしている。17日には県庁に浜田知事を訪ね、「サマーリーグでは素晴らしい経験ができた。(NBA入りが)そこまで来ているとも感じる」と夢実現への手応えを口にした。

 渡辺は米ジョージワシントン大を今春卒業後、7月上旬に開かれたサマーリーグで、ネッツの一員としてチームの全5試合に出場。平均9・4得点、4・2リバウンドをマークし、主に守備面で力を発揮した。今回は帰省に合わせて、活動報告を目的に知事を訪問。高松市役所に松下副市長も表敬した。

 渡辺は、サマーリーグについて「ドラフト選手やNBA1、2年目の選手がいる中で、自分もできたというのは自信につながる」と説明。2020年東京五輪出場を目指す日本代表への参加に関しても「代表入りも自分にとって大事なこと。NBA選手としてチームの一員となり、世界の強豪国相手にプレーできたらいい」と意欲を見せた。

 三木町の自宅では「充電というか、リラックスできる時間を過ごしている」とオフを楽しんでいる様子。知事は「しっかり休んで、ぜひ次に向かってほしい。本当に県民が期待している」とエールを送った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.