天気予報を見る
 
新聞購読申込

四国高校選手権前期最終日/陸上 四学香川西、総合V 男女とも

2018/06/19 09:22

【女子三段跳び】12メートル08で2位に入った吉田(観音寺一)=Pikaraスタジアム
【女子三段跳び】12メートル08で2位に入った吉田(観音寺一)=Pikaraスタジアム

(Pikaraスタジアム)
 【男子】
 ▽200メートル (1)伊藤海斗(新居浜東)21秒13=四国高校新、大会新(2)田原(四学香川西)21秒48(3)豊嶋(同)21秒67(4)山口(小豆島中央)21秒84(6)篠原(高瀬)21秒93
 ▽5000メートル (1)千守倫央(松山商)14分52秒92(4)長尾(小豆島中央)15分4秒33
 ▽1600メートルリレー (1)四学香川西(太田、田原、春藤、馬出)3分16秒76(3)英明3分21秒05(5)小豆島中央3分22秒82
 ▽三段跳び (1)中元颯馬(松山北)14メートル39
 ▽やり投げ (1)森木友祥(高知追手前)57メートル30(5)安藤(英明)54メートル21
 ▽八種競技 (1)塩谷燦秀(聖カタリナ)5004点
 ▽学校対抗トラック (1)四学香川西60点(3)尽誠26点(4)小豆島中央24点▽同フィールド (1)今治明徳37点(2)観音寺総合31点(4)四学香川西25・5点
 ▽総合 (1)四学香川西86・5点(6)観音寺総合33点
(四学香川西は3年連続3度目の優勝)

 【女子】
 ▽200メートル (1)川中葵琳(松山東)24秒73(4)吉識(四学香川西)25秒53
 ▽3000メートル (1)中村優希(八幡浜)9分35秒25(6)本條(四学香川西)9分49秒96
 ▽100メートル障害 (1)玉井奈那(松山北)13秒92=大会新
 ▽1600メートルリレー (1)済美3分53秒29(3)四学香川西3分55秒19
 ▽三段跳び (1)河添千秋(松山北)12メートル96=日本高校新、大会新(2)吉田(観音寺一)12メートル08=追い風参考(4)榎本(四学香川西)11メートル84=追い風参考(5)横山(高瀬)11メートル70=追い風参考
 ▽砲丸投げ (1)岡本みなみ(四学香川西)11メートル96
 ▽学校対抗トラック (1)四学香川西53点▽同フィールド (1)生光学園29点(2)四学香川西29点(3)観音寺一24点(6)小豆島中央16点
 ▽総合 (1)四学香川西83点
(四学香川西は2年連続2度目の優勝)

吉田(観音寺一)2位 兄に続いて全国へ 女子三段跳び
 女子三段跳びは観音寺一2年の吉田が2位に入り、投てき種目で全国大会出場を決めている兄の健吾(観音寺総合3年)に続いて全国切符を獲得。走り幅跳びはインターハイ出場にあと一歩及ばない7位だっただけに、「幅跳びが悔しい結果だったので素直にうれしい」と喜んだ。

 1回目に自己ベストまで10センチに迫る11メートル76をマークして2位につけ、「気持ちが楽になった」という。

 3回目には11メートル80まで伸ばし、全国切符を得られる4位内を決めた状態で迎えた最終6回目はこの日1番の12メートル08を記録。順位を4位から二つ上げるとともに、追い風参考記録ながら初めて12メートル越えの跳躍を見せ「うれしかったし、自信につながる」と振り返った。

 インターハイは自身初めての全国大会。「緊張と楽しみが半分半分」と打ち明けた。「まだ2年なので来年につながる経験ができたら。全国に慣れることと自己ベストが目標」と抱負を述べた。

全国で全力出す
 四学香川西・岡本みなみ
(女子砲丸投げを11メートル96で制し)自己ベストを出せたのはうれしいけど、きょうの記録では全国では戦えない。まだ1年生だけど学年は関係ない。全国では全力を出し切って決勝に残れるよう練習を頑張りたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.