天気予報を見る
 
新聞購読申込

手束(KGA=高松中央高)、岡(屋島)首位発進 県女子アマゴルフ第1日

2018/06/14 09:34

アイアンの乱れをパターでしのぎ初日首位タイの手束(KGA)=満濃ヒルズCC
アイアンの乱れをパターでしのぎ初日首位タイの手束(KGA)=満濃ヒルズCC

初日2アンダー70で首位タイにつけた岡(屋島)=満濃ヒルズCC
初日2アンダー70で首位タイにつけた岡(屋島)=満濃ヒルズCC

 ゴルフの県女子アマチュア選手権第1日は13日、満濃ヒルズCC(6021ヤード、パー72)に21人が出場して前半18ホールを行い、高松中央高3年の手束雅(KGA)と岡初紀(屋島)がともに2アンダーの70で首位発進した。

 四学香川西高3年の木内真衣(小豆島)、高松中央高1年の山下海音(同)の2人が1打差の71で3位タイ。2オーバーの5位タイに、田中佳叡(高松ゴールド)ら5人が並んでいる。昨大会を制した四学香川西高3年の大西菜生(琴平)は欠場した。

 大会は国体代表選考を兼ねている。2日間のストロークプレーで争い、最終日は14日、後半18ホールを行う。

◇第1日成績◇
−2(1)手束  雅(KGA)70(34 36)
  (1)岡  初紀(屋島)70(35 35)
−1(3)木内 真衣(小豆島)71(35 36)
  (3)山下 海音(小豆島)71(35 36)
+2(5)田中 佳叡(高松ゴールド)74(37 37)
  (5)堂西亜希子(屋島)74(37 37)
  (5)村上由紀菜(小豆島)74(39 35)
  (5)山口 璃千(小豆島)74(35 39)
  (5)田口 蘭名(小豆島)74(36 38)
+4(10)田村  和(KGA)76(36 40)

ダボ発進も挽回 手束
 「ショットがひどかったけど、耐えることができた」。手束は首位スタートとは思えない、疲れ切った表情で初日のラウンドを振り返った。

 替えたばかりのアイアンが乱れ、1番でいきなりダブルボギー。その後もアイアンは修正しきれなかった。それでも「一番好き」というパターでしのぐところが一昨年の県アマ女王だ。

 2番で2メートルのスライスラインを決めてバーディー。悪い流れから挽回(ばんかい)すると、さらに三つのバーディーを奪って前半2アンダー。後半もショットは相変わらずだったが、1ボギー、1バーディーで乗り切った。

 最終日に向けては「ショットがまずい。とにかく頑張るしかない」と苦笑い。我慢のゴルフで2年ぶりの頂点を目指す。

苦手なパット好調 岡
 岡は自己ベストタイの70で初日首位。四学香川西高出身の18歳は「攻めたら『やらかす』。パープレーでいいと落ち着いていたのが良かった」と3バーディー1ボギーのラウンドを分析した。

 インスタートで5ホール連続パーとした後、15番でボギー。それに動じず、続く16番は3メートル強の下りフックラインを沈めてバーディーをもぎ取った。18番も難しいスライスの3メートルを決めてバーディーを奪うなど「苦手のパットがここというところで決まってくれた」。

 現在はキャディーをしながら、プロを目指す。協和中時代は県内大会の優勝経験もあるが、高校以降は無冠。初日首位の達成感と緊張感を味わいつつ、「欲を出さず、落ち着いて」と再び平常心で最終日に挑む。

気持ち入りすぎ
 木内真衣
(小豆島=1打差の3位タイ発進)バーディーチャンスがない中、パーパットがきちんと決まり、スコアをまとめられた。ショットに気持ちが入りすぎ。最終日もアンダーが目標。

アプローチよく
 山下海音
(小豆島=1アンダーの3位タイ)1年間ぐらい調子が悪かったが、きょうはショットの悪さをアプローチとパットでカバーできた。特にアプローチは距離感がだんだん合ってきた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.