天気予報を見る
 
新聞購読申込

「若手育成の場に」小林会長ら意気込み 10月12日開幕、うどん県レディースゴルフ

2018/06/13 09:13

大会の成功を誓う小林会長(左から2人目)、鄭理事長(同4人目)ら=高松市内のホテル
大会の成功を誓う小林会長(左から2人目)、鄭理事長(同4人目)ら=高松市内のホテル

 女子ゴルフのLPGAステップアップツアーの一つ「日台交流うどん県レディース」(10月12〜14日・満濃ヒルズCC、四国新聞社など後援)に向け、小林浩美大会名誉会長(日本女子プロゴルフ協会会長)らが12日、高松市内で記者会見し、5度目を迎える大会への意気込みなどを語った。

 同ツアーは年間21試合あり、今大会は20番目の開催。昨年、台湾女子プロゴルフ協会公認を受け、国内初の国際大会となった。日本の若手60人や地元ジュニアら18人、台湾のプロ30人の計108人が出場を予定している。

 小林会長は「日台の選手が互いを高め合う貴重な機会。2020年の東京五輪に向けたジュニア育成の場にもなる」と強調。同席した台湾協会の鄭美※理事長は「昨年は成績が良くなかったが、今回の台湾選手には期待してほしい」と話した。

 大会は10月12、13日が予選ラウンド。50位タイまでの選手が14日の決勝ラウンドに進む。優勝者はフジサンケイレディスクラシック(来春開催予定)出場権を得る。13、14日は一般観戦可能。

※は王ヘンに奇

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.