天気予報を見る
 
新聞購読申込

大山(香川一)女子800制す 県中学校陸上記録会

2018/05/20 09:33

【女子800メートル】2分20秒62で制した大山(香川一)=Pikaraスタジアム
【女子800メートル】2分20秒62で制した大山(香川一)=Pikaraスタジアム

 陸上の県中学校記録会は19日、丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで男女26種目を行った。タイムレースで争った女子800メートルは、昨夏の全国中学校体育大会(全中)を制した大山桜花(香川一)が2分20秒62で快勝した。

 【男子】
 ▽100メートル (1)杉本侑也(高瀬)11秒20(2)野島(丸亀南)11秒30(3)山本(桜町)11秒40=以上追い風参考
 ▽同1年 (1)都甲陸斗(土庄)12秒57(2)安藤(大野原)12秒83=以上追い風参考(3)森沢(木太)12秒84
 ▽200メートル (1)杉本侑也(高瀬)22秒91(2)山本(桜町)23秒39(3)矢野(大野原)23秒83
 ▽400メートル (1)山本雅也(国分寺)54秒13(2)高橋(観音寺中部)54秒27(3)槫谷(紫雲)56秒08
 ▽1500メートル (1)青木貴也(牟礼)4分22秒42(2)山本(国分寺)4分22秒43(3)下原(桜町)4分25秒12
 ▽同1年 (1)柳生琥珀(龍雲)4分42秒85(2)尾坂(国分寺)5分2秒00(3)横山(大野原)5分6秒43
 ▽110メートル障害 (1)桐山昴(豊浜)16秒20(2)岡本(勝賀)16秒66(3)橋田(観音寺)16秒97=以上追い風参考
 ▽400メートルリレー (1)桜町(本田、今井、安藤、山本)45秒22(2)観音寺47秒13(3)香川一47秒42
 ▽走り高跳び (1)安藤成那(三野津)1メートル82(2)桃田(丸亀南)1メートル76(3)須崎(丸亀西)1メートル73
 ▽棒高跳び (1)秋山紘一郎(観音寺)3メートル90(2)森(同)3メートル70(3)松原(同)3メートル60
 ▽走り幅跳び (1)氏家虎之介(善通寺東)6メートル25(2)安藤(桜町)6メートル01(3)喜井(大野原)5メートル96
 ▽同1年 (1)都甲陸斗(土庄)4メートル94=追い風参考(2)平井(木太)4メートル49(3)武下(国分寺)4メートル44=追い風参考
 ▽砲丸投げ (1)桝井新大(三木)9メートル67(2)秋友(桜町)9メートル54(3)大西(和光)9メートル42

 【女子】
 ▽100メートル (1)武井星彩(紫雲)12秒82(2)藤村(観音寺中部)13秒14(3)水藤(紫雲)13秒17=追い風参考
 ▽同1年 (1)深田晴花(国分寺)13秒88=追い風参考(2)大久保(観音寺)13秒89(3)戸城(香川一)13秒95=追い風参考
 ▽200メートル (1)林愛莉(詫間)27秒47=追い風参考(2)青木(木太)27秒50(3)池田(牟礼)27秒59=追い風参考
 ▽800メートル (1)大山桜花(香川一)2分20秒62(2)香川(多度津)2分28秒47(3)中野(大野原)2分31秒36
 ▽1500メートル (1)中野ひかる(大野原)5分0秒43(2)三崎(山田)5分2秒82(3)吉本(三木)5分4秒96
 ▽同1年 (1)香川莉々(多度津)5分0秒70(2)樋口(小豆島)5分44秒64(3)藤田(同)5分46秒22
 ▽100メートル障害 (1)水藤愛子(紫雲)15秒26(2)伊藤(観音寺中部)15秒64(3)近藤(豊浜)15秒69=以上追い風参考
 ▽400メートルリレー (1)紫雲(三好、西岡、水藤、武井)51秒96(2)観音寺中部53秒79(2)大野原53秒79
 ▽走り高跳び (1)斎藤明日花(龍雲)1メートル48(2)香川(観音寺)1メートル40(2)大井(高瀬)1メートル40(2)岡田(三木)1メートル40
 ▽棒高跳び (1)三谷波奈(観音寺)2メートル90(2)藤沢(木太)2メートル80(3)大西(大野原)2メートル80
 ▽走り幅跳び (1)神崎奈津(玉藻)5メートル10(2)広瀬(国分寺)4メートル93(3)佐谷野(観音寺)4メートル81=以上追い風参考
 ▽同1年 (1)安藤桃子(桜町)4メートル53(2)坂東(観音寺)4メートル43(3)桑原(丸亀東)4メートル27
 ▽砲丸投げ (1)山本理子(観音寺)9メートル84(2)中川(高瀬)9メートル76(3)鈴木(観音寺)9メートル47

圧勝も悔しさにじむ 女子800優勝の大山
 女子800メートルは昨夏の全中女王の大山が力の違いを見せて圧勝した。ただ、タイムは自己ベストに10秒近く遅れ「まだまだ全然」と満足感は全くなかった。

 100メートルごとに設定していた目標タイムをクリアできなかったという。強い風が吹きつける難しい状況下だったが「影響はあったかもしれないが、速い人はそれでも速い」と潔かった。

 昨年8月の四国選手権以来となる800メートルでのレースは、笑顔満開とはいかなかったが、本格的なシーズンは始まったばかり。目指す全中2連覇に向け「きょうの悔しさを、夏の全中に向けて頑張るいいきっかけにしたい」と前を向いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.